[DVD],DVD , 日本映画 , 特撮,2968円,samyelghoul.com,怪獣大戦争,/declaredly884553.html 怪獣大戦争 春の新作 DVD 怪獣大戦争 春の新作 DVD 2968円 怪獣大戦争 [DVD] DVD 日本映画 特撮 [DVD],DVD , 日本映画 , 特撮,2968円,samyelghoul.com,怪獣大戦争,/declaredly884553.html 2968円 怪獣大戦争 [DVD] DVD 日本映画 特撮

怪獣大戦争 返品交換不可 春の新作 DVD

怪獣大戦争 [DVD]

2968円

怪獣大戦争 [DVD]

商品の説明

Amazonレビュー

 「三大怪獣 地球最大の決戦」に登場したキングギドラとゴジラ、ラドンの地球怪獣たちの戦いを宇宙規模に拡大し、そのタイトルが示すように怪獣たちのバトルロイヤルを中心に描いた作品。
   地球に飛来したX星人が、怪物ゼロことキングギドラを退治するため、地球からゴジラとラドンを借りたいと申し出る。電磁波でゴジラ、ラドンを捕獲したX星人は木星でキングギドラに2大怪獣をぶつける。実はX星人は3匹の怪獣を使って地球征服を企てており、彼らに操られたゴジラとラドン、そしてキングギドラは地球で破壊活動を開始する。
   本作は単なる怪獣プロレス映画ではなく、地球連合宇宙局員・グレン(ニック・アダムス)とX星人・波川(水野久美)の哀しい恋愛の顛末が描かれており、奥行きのあるドラマとなっているあたりは秀逸。 劇中ゴジラが「シェー!」をする描写があり、ファンの間で物議をかもした。(斉藤守彦)

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

ゴジラが“シェ-”をするシーンも印象的なシリーズ第6作がDVD化。新たに発見された衛星、X星に向かった富士とグレンは、そこでキングギドラの驚異に脅えるX星人たちに出会う。彼らはキングギドラを倒すために、ゴジラとラドンの力を借りたいと訴える。

怪獣大戦争 [DVD]

怪獣映画としては、めずらしく最初から最後まで物語を楽しめた。〈宇宙〉と〈怪獣〉と〈美人〉でお得。画面としてデザインの見栄えがとても良い。人間の主役二人やX星人、引き立てる脇役、演技を始め非常にテンポ良く愉しめる気分のいい娯楽作と思う。ゴジラなど、出てくる怪獣の巨大感が特にあって(意外と他のはあまり感じない)ちゃんと大きく見える。これだけでまず大満足。その上怪獣がひっくり返るに至っては手を叩いて喜びたくなる。地球人のドラマ部分、X星人との対決部分、怪獣の部分がうまく組み合わさっていて映画に退屈しない。怪獣の時間が少ないとも思うが動きに重量感や密度があり、それらを満たして映像で発散していたからこそ、全く不満ではなかった。最後まで娯楽作でとても好きな作品。
恒例のオーディオコメンタリーは、本作ではX星人の統制官を演じて強烈な印象を残した土屋嘉男さん。SF特撮映画に、黒澤映画に八面六臂の活躍を見せた土屋さんだけに、話題は、あちらこちらに飛びまくって、それはそれで面白く且つ、貴重ではあるのだけれど…。『怪獣大戦争』の映像に被さる以上、共演者や監督との関わり合いや、現場の空気を偲ばせるオハナシがもっとあってもよかったのでは?『モスラ対ゴジラ』の佐原健二さんのコメンタリーにも言えることだけど、やっぱり自分が出てないところは『ウルトラQ』とかソッチに話題がフラれちゃうからね。やっぱり撮影当時の苦労話やトピックスなどを語るのは、現場であれこれ知恵を絞ったり、緊張したりしてきたスタッフの方が、より適任のように思える。昔バンドマンをやっていた知人の、ハナシ。仕事の流れで食事をご一緒した宝田明さんに『モスラ対ゴジラ』の“卵の(セットの)大きさ”はどのくらいだったか質問したら、“キミはそんなことしか聞けないのか?”とアキれられたとか。まあ、1970年代の終わりから80年代初頭の“ゴジラ映画”の端境期のエピソードではあるのだけれど。そうだよ!聞きたいんだよ!ソコが‼Blu-rayの時代になって、新撮された女優さんや俳優さんのインタヴューが加わわっているのはイイことだと思う。製作&公開から年月を経て、難しくなってきてはいるが、俳優さんは顔出しのインタヴュー、解説は現場を知ってるスタッフでいってもらいたい。
 中々面白い作品だと思います。怪獣が脇役になってしまって居る観はあるものの、日本人が騙されやすい「國際協調」や「友好親善」の正體を描いた内容です。「X星人」は国際主義(グローバリズム、参考 ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4898319529)と讀み換えて良いでしょう。キングキドラを使って危機を演出し、相手の善意を巧妙に利用して大切なものを騙し取る常套手段が繰り返されるのは根本的な價値觀の問題です。外見は美しいが全てはコンピュータにより支配され感情を抹殺されたX星人と、善意や友好と謂う精神的に美しいものを信じる地球(日本)人。東京オリンピックの開催された昭和四十年に本多猪四郎監督が取り上げた此のテーマは半丗紀以上経った今の時代への貴重な警鐘です。「地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン」を始め、X星人はグローバリズムのメタファとして描かれて居ますが、三度戦地に送られた本多監督は貳十丗紀の戰爭の正體を見抜いていたのでしょう。それにしても、ゴジラは着ぐるみがいいですね。
 特撮については宇宙人が出ることで、それまでの原始怪獣ゴジラとは一線があるほど特殊兵器が登場したり派手なものになってます。UFOもお馴染みのデザインにしてあって面白い。 X星人はガンの治療を人類に教えるとしているところが自然科学万能感へのアンチテーゼにもなっていて面白いですね。それに地球支配も怪獣という架空の存在を頼りにしているところがミソになっています。X星人の最後のセリフからも、科学信仰で人類の行きつく未来を暗示しているものになっています。いくら科学が発達しても侵略とか考えてると、こんなもんだということだと思います。 怪獣の対決シーンは、キングギドラの登場で勧善懲悪ものになってしまい単調ですが、子どもには分かりやすくて受けるものになっています。大人になれば、争い事をしている怪獣は滑稽な存在として見えるものなので、こういうのを楽しいと思える大人はバカですよということかと思えます。そういう意味合いでコミカルなシーンもバンバン入れてますよね。 最後にX星人のアジトが砲撃されるシーンは、日本赤軍派みたいな共産革命を目論むバカな日本人を退治しているみたいで痛快です。

What's New

地球の歩き方 WEB

編集部や世界各国在住の特派員が、現地の今をお届け。

新刊情報

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について