[レンタル落ち],16970円,ヒロシマナガサキ,/ketonization884819.html,DVD , 外国映画 , 戦争,samyelghoul.com 16970円 ヒロシマナガサキ [レンタル落ち] DVD 外国映画 戦争 [レンタル落ち],16970円,ヒロシマナガサキ,/ketonization884819.html,DVD , 外国映画 , 戦争,samyelghoul.com 16970円 ヒロシマナガサキ [レンタル落ち] DVD 外国映画 戦争 即日出荷 ヒロシマナガサキ レンタル落ち 即日出荷 ヒロシマナガサキ レンタル落ち

即日出荷 ヒロシマナガサキ 即納 レンタル落ち

ヒロシマナガサキ [レンタル落ち]

16970円

ヒロシマナガサキ [レンタル落ち]

商品の説明

本作は、『Days of Waiting(待ちわびる日々)』でアカデミー賞ドキュメンタリー映画賞に輝いたスティーヴン・オカザキ監督が、25年の歳月をかけて完成させた渾身のドキュメンタリー映画である。 原爆投下から60余年を経た今、日本でもその惨劇の記憶が薄れつつあるが、世界の多くの人々には、いまだ被害の実態についてほとんど知られていない。アメリカでは、原爆が戦争を早期に終わらせ、日米両国民の多くの命を救ったのだという、いわゆる“原爆神話”が広く受け入れられている現実がある。 本作は、14人の被爆者と、原爆投下に関与した4人のアメリカ人の証言を軸に構成されている。その中にはオカザキ監督の人生を決定づけた「はだしのゲン」の作者・中沢啓治氏の姿もある。惨劇から、ゆうに半世紀を越えるにもかかわらず、彼らの証言はひたすら生々しく、私たちの心をかき乱す。それはとりもなおさず、原爆というものがいかに忌むべき存在であるかの証左に他ならない。貴重な記録映像や資料を交え、広島・長崎の真実を包括的に描いた本作は、被爆者たちの想像を絶する苦悩に向き合い、彼らの生きる勇気と尊厳を深く受け止めている。 このような状況のなか、本作は07年8月6日、広島に原爆が投下されたその日に、全米にむけてテレビ放映された。国連でも特別上映された本作は、アメリカのみならず世界中の人々に、広島・長崎で何が起きたかを知らしめ、核兵器の脅威に対して強い警鐘を鳴らす作品となっている。

ヒロシマナガサキ [レンタル落ち]

注文から納品まで期間が短く入手できて納期面で満足です。製品も期待通りで早速観賞しましたが期待どおりで満足です。以前NHKで放映されていましたがバリアーフリーなのがよかったです。
この作品は私が見た長崎・広島の被曝者にかんする作品の中で最も感動しました。この作品には私の叔父が登場します。16歳で被爆し、その経過を米軍はなぜか克明にカラー撮影までしていました。その被爆体験の詳細を叔父から聞き、さらに、そのカラー映像があると叔父から聞いていました。その実際の映像がこの作品で初公開されており、それを見ていると涙が止まらなくなりました。本当にむごいものです。 日本が米国の核の傘の中におり核兵器で守られていること、日本は原発でできたプルトニウム(いつでも核兵器に転用可能な高純度のもの)を多量に保有しています。このために、日本の核兵器反対運動に対してノベール平和賞が与えられてこなかったといわれています。 そのことを思いつつもこの作品をみると、やはり核(核兵器・原発)は人間の能力では管理できないものだとしみじみ思います。
全体的に、、、こういう記録のモノは貴重で必要にして十分、いやむしろ、公明正大に使用すべきとも思う。一つだけ如何なものかと思うポイントを上げる。憲法や法律にはほとんど触れていないこの作品において、サラッと一瞬、被爆者のおじさんがせっかくアメリカに貰った憲法九条を、大切に守っていかないと思う、、、という節がある。この部分は明らかに不自然。言わされているようにしか見えない。自分の家族が罪もなく一瞬のうちに命を奪われ、自分だけが幸運にも生き延びた。原爆を落っことしてくれた国に憎悪の気持ちを懐きこそすれ、その国が作った憲法に対して「作っていただいた」なんて表現を、口が裂けても出来るものだろうか。その部分だけは解せない。いわゆる左翼がかった人が人事のように言うのならば知ったことではないが、ドキュメンタリーで、ここまでズラされるとどうにも腑に落ちない。監督は日系とは言え全ての感覚を鵜呑みにはできません。まあ、当然といえば当然ですが。参考にして頂きたい。
 様々なことを 考えさせる刺激にみちた作品。 安易・単純な価値観で判断してはならない。 まず、証言した人たちの勇気を讃えたい。 一見 普通のごとく振る舞っているが その背後にいかなるものを被曝後背負ってきたかを想像しないといけない。 原爆投下、爆発状況下で、「生き残った奇妙な生き物」として観察され続けてきたこと。 最終的には「被爆者」として名付けられ、社会的に差別を受け続けたこと。かつ、本人達自身が、あの瞬間に死去した者たちへ申し訳なさをもってしまっていること。家族は壊滅したのである。このことは決して忘れてはならない。 「原爆病」として緩慢な殺され過程をたどってきた。突然の死への恐怖、さらに子孫にいかなる影響をあたえるのか−そのような生物学的関心の対象として、また遺伝の問題をかかえている生き物として、社会の中で位置づけられた実態をしることが必要である。 それらの重圧に負けず「生きる勇気」を選んだ人たちであることに感動する。 次に、思うこと。 簡単な 結末をこの作品が主張しているとは思わない。 時間をたっぷりかけ、証言者の信頼を得た制作者スティーヴン・オカザキの姿勢に共鳴する。 しかも、残された時間が無い。証言者は既に歳老いているのである。 このような 証言をひきだした制作者はいかなる人物なのか関心がむく。 かって観たことも無き映像もまじえながら編集された 「真面目」な作品。 特典で スティーヴン・オカザキ氏は率直にこの作品ができあがるまでに政治的圧力その他があったことを表明している。  この作品から、考えていこう。 『ヒロシマナガサキ』を忘れている 日本人が多くいるという現実からも 逃げるわけにはいかない。  久しぶりに、真面目に 現実を考えさせてくれた作品。 まもなく 8月。 1945年8月6日ヒロシマで14万人が死去。8月9日ナガサキで7万人が死去。 この作品に出会ったことに 感謝する。 最後に広島の教師たちが頑張っていた『平和教育』もつぶされつつある状況下にあることを知ってほしい。
3

メンバーサイトへようこそ

20 年以上にわたり、サイバーリンク は創造的な動画・写真編集と、メディア再生のソリューションを全てのスキルレベルのユーザーへ提供し、
マルチメディア分野をリードしてきました。近年ではビジネスコミュニケーション向けサービスの提供を開始。
これまでも、そしてこれからも皆さまのCREATE・PLAY・CONNECTに価値ある製品・サービスを提供していきます。