[email protected] once -mermaid's tears- テレビで話題 PS3 - 通常版 2443円 [email protected] once -mermaid's tears- (通常版) - PS3 ゲーム レガシーシステム PlayStationシステム 2443円 [email protected] once -mermaid's tears- (通常版) - PS3 ゲーム レガシーシステム PlayStationシステム once,/overcheaply884465.html,tears-,(通常版),2443円,-mermaid's,ゲーム , レガシーシステム , PlayStationシステム,-,[email protected],samyelghoul.com,PS3 once,/overcheaply884465.html,tears-,(通常版),2443円,-mermaid's,ゲーム , レガシーシステム , PlayStationシステム,-,[email protected],samyelghoul.com,PS3 [email protected] once -mermaid's tears- テレビで話題 PS3 - 通常版

100%品質保証! L@ve once -mermaid's tears- テレビで話題 PS3 - 通常版

[email protected] once -mermaid's tears- (通常版) - PS3

2443円

[email protected] once -mermaid's tears- (通常版) - PS3

商品の説明

エディション:通常版

Amazonより

■通常版予約特典
「お風呂amp;お部屋用オリジナルキャラクターポスター(全12枚セット)」

■PSP版からの変更点1:生徒会長「堤 美散」が新ヒロインとして昇格!!シナリオ・イベントCGも多数追加!
2:橘 和翠役の宮崎羽衣が歌う新規オープニング曲追加!
3:双子のメイ・メル役の佐藤聡美と日笠陽子が歌う新規エンディング曲追加!
4:新曲に合わせて、MADBOX製作のオープニング映像も新たに!
5:その他、PSP版ヒロインとその後を描くアフターストーリーを追加!ささきむつみデザインの冬服も登場し、あなたのヒロインの新たな一面が見れるかも!
6:モーションポートレイト技術の採用により、表情豊かなキャラクターとの会話を楽しめる!
7:オールクリア後のお楽しみ!!本当に一度きりの特番恋愛ラジオ「聡美・羽依の[email protected] ONCE」収録!

[email protected] once -mermaid's tears- (通常版) - PS3

PSP版発表のころから気になっていたのですが、即座に追加要素が多いPS3版が出ると発表されたので、メーカーもあくどいことをするな、と思いつつ、しばらく待ってからこちらを購入しました。全体的にストーリーがいいですね。奇抜なギャグやコメディ要素はあまりなく、かといって重苦しいほどシリアスというわけでもない。丁度いい温度でストーリーを丁寧に綴っている感じで、始終好感が持てました。一シナリオ辺りのボリュームはちょっと短めですが、起承転結が綺麗に纏まっているため、私はそんなに気になりませんでした。意外にもバッドエンドにいい話が転がっているので、こちらの回収も視野に入れるとそこそこのボリュームになるかと。むしろ個人的に気になったのは立ち絵のクオリティと比較して、イベントCGのそれは今ひとつ、といったところ。人によっては見劣りして見えるかもしれません。スタッフロールを見るに、どうやらキャラクターデザインの人とは別のスタッフが書いている様子。できるならささきむつみ氏本人の原画が良かった。似せて書いてありますが、やっぱり違和感を覚えてしまいます。あと、システム回りが全体的にもっさりしているところでしょうか。PS3の追加要素は、美散シナリオ以外は正直微妙、といった感じ。おまけシナリオはどれも短かすぎるし、立ち絵のアニメーションも一部しか採用されておらず、肩すかし。追加要素には期待していただけに、ちょっと残念かな?次回作には期待しています。ただ、完全版商法だけは勘弁で。
ゲームの内容で一番マイナス評価だったのはシステム面。キャラの表情が変わったり、セリフを言うたびにちょっとだけ間が入る。それが快適とは呼べなかった。モーションポートレートは思っていたほど動きはない。だがそのシステムのせいでキャラの絵が不自然に感じるところはあった。また、モーションポートレートが使われているところではやはり読み込みが遅いことが多かった。PS3で追加されたアフターストーリーはかなり短かったのも期待はずれだった。立ち絵とCGではキャラクターが別の人みたいになってる絵もあったのも無視できない。
とりあえず、最近各ヒロインのグッドエンドをクリアしましたので感想を述べます。☆ヒロイン メイ、メル、凛沙、和翠、響紀、美散この六人が攻略対象ですが、どの娘も個性的で好感は持てます。声優も有名な方ばかりなので演技力には違和感はありません。さすがといった所です。(^^)これまで数々のこういったゲームをやってきましたが、キャラデザでいえば個人的には一番可愛いと感じました。総合評価は☆5です。(^^)☆シナリオ 個別ルートに入るまでは終始暖かく面白可笑しく進めました。主人公とメイ、メルの絡みには笑わせてもらいましたし、和やかなムードでプレイ出来た様に思います。個別ルートに入ってからは比較的シリアスに進みますが、残念な事に少しボリューム不足。(TT)一応「泣きゲー」の部類に入るとは思いますが、メイ、メルルートはホロリときますが、残りのルートではいささか感動不足。ただ凛沙ルートは一番終わり方が良かったと思います。男冥利に尽きると言えますね(^^)感動不足ではありますが、全体的にはシナリオもそう悪くはありません。総合評価は☆4☆世界観 主人公は半分人魚であり一度きりの恋愛しか出来ず、失恋すれば海の泡になるかもしれない運命を背負ってる。そんな主人公を助ける為に、小さい頃に出会った人魚の双子姉妹が人間となり主人公に会いにくる…現実には絶対にあり得ない事ですが、非常に斬新で、「本当にそんな事があれば…」と夢を持たせてくれるだけに着眼点はいいと思います。それだけに、少しボリューム不足だったのが悔やまれる作品です。総合評価は☆4☆まとめ 着眼点が良かっただけに少しもったいない作品。機能面も思っていたほど悪くはありません。少し読込みが遅いですが、我慢出来る範囲でした。あとモーションポートレートをもう少し多用してほしかった事、ボリュームがもう少しほしかった事、多少残念な面もありますが、買っても損はないと思いますので評価は☆4としました。(^^ゞ
■いいところ各ヒロインに個性があるところ。攻略ヒロインは人外、幼馴染み、先輩、大人の女性といるのですが、その中でもなかなかお目にかかれない「友人(弟分)の彼女」なんていうのもいて、攻略の際にはドキドキしながらプレイしましたwストーリーも個人的にはおもしろかった部類に入ると思いました。■悪いところとにかくシステム面が残念でした。やたらと重い上にセーブ書き込み後にフリーズが何回かありました。その時はデータは消えませんがなぜかセーブがされていない状態でした。何周かしてると同じ文章が多々あるので既読スキップしがちになるのですが、全くの静止画なら早いですがその画面でキャラの表情が変わっただけでも重くなったりするので、本体がかなりガチャガチャとローディングします。おまけシナリオがほんとおまけ。もう各ルートの終わりに付けた方がよかったんじゃないかな?と思うぐらい、正直あってもなくてもよかった。ですが、和翠のおまけだけはスッキリできました。というか和翠のおまけこそ最後に付けなきゃいけないでしょ?ってぐらい、本編では中途半端に終わっています。BGMがほとんどなくて、セーブバグなんかもあり「あれ?またバグかな?」と再起動するほどでした。ほんとBGMがかなり少ないです。

HanesタグなしポケットTシャツ カラー:

一覧を見る

今日のおすすめ

一覧を見る

講談社からのお知らせ

2021.05.13

『ブルーロック』(原作:金城宗幸 漫画:ノ村優介) 第45回講談社漫画賞 少年部門 受賞

2021.05.13

『花野井くんと恋の病』(著:森野 萌) 第45回講談社漫画賞 少女部門 受賞

2021.05.13

『ゆりあ先生の赤い糸』(著:入江喜和) 第45回講談社漫画賞 総合部門 受賞

2021.04.28

『ランド』(著:山下和美)第25回手塚治虫文化賞マンガ大賞 受賞

2021.03.12

『スインギンドラゴンタイガーブギ』(著:灰田高鴻)第24回文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞 受賞

2021.03.12

『ひとりでしにたい』(著:カレー沢薫)第24回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞 受賞

2021.01.19

『ハコヅメ~交番女子の逆襲~』(著:泰三子) 第66回小学館漫画賞 一般向け部門 受賞

2017.10.12

電子書籍のフィッシング詐欺にご注意ください!

平素より弊社刊行物をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
最近、既存の電子書店と見紛う名称を用いた、弊社と正規の取引のないサイトにおいて、弊社刊行物を無料でダウンロードできるかのように表示したものが見つかりました。同サイトの誘導に従うと、クレジットカード番号の入力を要求されるなど、フィッシング詐欺に遭う可能性がありますので、ご注意ください。
弊社と取引のある電子書店は「講談社コミックプラス」の下記URLでご案内しております。ご確認のうえ、ご利用いただければ幸いです。
http://kc.kodansha.co.jp/store_list

講談社の各種新人賞のご案内